自分をまず大切に

皆様は、今の人生に満足していますでしょうか。私は、今まで、毎日、仕事にも真面目に取り込み、人からの頼まれごとも忠実に守り、行きたくない飲み会にも参加し、頑張りすぎていました。だけど、ストレスばかりがたまり、幸せにはなれませんでした。そしてある時、爆発してしまい、何もしたくなくなりました。そして、仕事も辞め、今までしたことないことや、自分が幸せとか楽しいと思うことだけを一年くらいやりました。そしたら、自分が今まで感じたことがない心の満たされた気持ちが涌き出てきました。そして、人にも優しくできたり、人にいろいろ求める事もなくなりました。私は、その時、気づきました。人よりもまずは自分を大切にしなければ、人を幸せにはできないんだなと思いました。そして、今までは、周りに雑に扱う嫌な人ばかりだったのに、優しくしてくれる人達との出会いが増えました。だから、今、人生か楽しくなくて、辛い毎日を送っている方は、勇気を出して、やりたくない事をやらないと自分に課してみて下さい。何かが少しずつ変化していくと思います。人間は、やはり、自分が楽しくないときは、人をうらやましく思ったり、八つ当たりしたり、いじめたり、究極は、殺人に発展する人もいる世の中です。一人一人がまず、自分を大切にし、自分の心の声を無視しない事です。一人でも多くの皆様が幸せな毎日が過ごせますように、願っています。

出掛けるのもちょっと気を使う近頃です

今日はさすがにお昼を作って出かけます。先週から出掛けることが多く、遊んでばかりいるように思われるといけないので、ちょっと家事を頑張ることにしました。今日もお昼前に待ち合わせなので朝から出掛けるのですが、お昼ごはんを作っておきました。もちろん簡単なものですが、これで少しはいいかな。でも今日のはイベントの下見でもあるんですよね。地元の野外に行くだけなので車は使いますが特にお金は掛かりません。お昼はパンを買って食べるのですが、それくらいはいいですよね。昨日は前から行っているセミナーでもうお金を一括で払ってあるからそれもあまりお金は使っていません。交通費は掛かりますが、あと2回なのでなんとか頑張ります。明日は父も日帰りバス旅行に行くので送り迎えのため家に居ようと思います。もちろん日中は買い物に行くかもしれませんが、とりあえず遊びに行くとお金も使うので辞めておきます。ほんとは興味のある楽器の演奏会に行こうかなと思ってたのですが、住まいから遠く最近知り合いが持っているのを知ったので今回は見送ることにしたんですよね。生音は聞きたいけど知り合いが持ってるなら聞ける機会もあるしなぁと思うとつい節約してしまいました。また週末に出かけるのですがそれはお昼からなので大丈夫かな。

音遊びの方がいいけどな、ひとそれぞれです

5時間も唱えるんですか~。最近知り合った方に新興宗教をされている方がいます。特に何か強いられたわけでもないので普通に付き合っていますが、たまにやっぱり世界観が出るというか独特な表現をされるなぁと思います。先日も野外での音遊びに誘ったら、行きたいけどその日は5時間の唱題をしようと思うとのこと。あまりつっこんで細かく説明されても困るので、そうなんだねと言っておきました。たぶん字のごとくなんでしょうね。5時間もその文言を唱えるのって大変だろうなぁ。朝からお昼になるやん~。音遊びの方が楽しそうなのになぁ。その方にとって一番はそのことなのでもちろんいいのですが。最初に予定していた方が来れなくなり、結局音遊びは2人になりそうです。プライベートのやつなので気楽でいいですが。同じ場所でイベントしようと思っているのでその時に来てくれるといいなぁ。まぁ、急にはやっぱりみんな予定がありますよね。イベントになるとお金ももらうことになりますが、そういうのは気にならないようです。きっと人を喜ばせたりすることに対しての報酬なのでいいのでしょうね。世界観が違っても精神的には高い方なのでメッセージもポジティブで話していて明るくなれます。今回は残念だけどまた会いたいなぁ。

こたつマジック☆

この前こたつを出しました。
私はこたつが大好きなので、こたつが出ているだけで幸せを感じます。
こたつの中で寝っ転がって、首だけ出してテレビを見るのが最高に幸せです。
多分、他人が見たらびっくりする格好ですけどね。
そのままうたた寝をして、気が付いたらテレビ放送が終わり
ピーっという音と共にカラーバーが出ていることもしばしば。
でも、友達に聞くとこたつを出すという人はあまりいません。
場所をとるし、一回座るとめんどくさくて動けなくなるからヒーターや
エアコンのみという人が多いです。
確かにこたつの温かさは強力な魔法で、一度入るとなかなか抜け出せませんが
私にとってはこれこそが冬の楽しみです。
今日はミカンを買ってきて、撮りためたドラマをこたつに入って観る予定です。
絶対寝ないぞ!

お金の使い道

先日、お金の使い方はまさに千差万別であると思い知らされました。
私にとっては「無駄!」と思うものがその人にとっては価値があり、逆に私にとって価値があるものが他人からしたら「無駄!」だったりするんですよね。
*タイプ1:妹
妹は、幼い頃から無意識に金額の高いものを選んでいた…という親の話。
北海道に旅行に行ったとき、100円ではない回転寿司店に入ったのですが。
お皿の意味なども全くわからない妹がにこにこして取ったのが、そのお店で一番高いお皿。金色のお皿です。
何のネタを取っていたのか、同じく幼かった私にはわかりませんでしたが、他のお客さんの目が、幼い妹に向けられているのをこの目でしかと見ました。
高校生の頃に友だちとご飯を食べに行っても、気が付いたら妹一人だけ1000円超えのおそばを頼んでいたりしたようです。
美味しそうだから選んだら高かった。
買い物の時に値段を見ない、男性のような人間ですね。
その感じは健在で、現在休職中なのに、ランチ1000円とかかつてのOLのような生活をしています。恐ろしいです。
食のレベルは高いままを維持したいということですね。
*タイプ2:元彼
元彼は、かなり稼ぐ人でした。
チェーンの居酒屋が好きな私とはちょっとバランスが合わない人でした。
そんな彼が重要視していたのは、レア感。ここでしか買えないというものに惹かれていて。
一緒に美術館に行ったことがあるのですが。
お土産コーナーには、有名絵画がプリントされたTシャツやマグカップ、クリアファイルなど、多く揃っていました。
「現在断捨離をしている。引越するし」と宣言していたのに、彼が好きな絵画がプリントされたマグカップを嬉しそうに買っていました。
買わないんじゃなかったの?コップ持ってるでしょ?と聞いたら、「これはヨーロッパから輸入されたんだ。今の日本ではここでしか買えない」と弁解していました。
彼の持ち物は、数量限定ものやレアなものが本当に多いです。そういったものに出すお金は惜しみませんでした。
*タイプ3:わたし
私は多分ケチです。元々物欲がなく、「欲しいもの」ではなく「必要なもの」がなければ買い物にはほとんど行きません。
楽しみは、一日をどれだけ安く過ごせたか、というのを家計簿につけて数値化しニヤニヤすることです。
昔の彼と新宿の大きなファッションビルに行った時も、お店に立ち寄らない私を見て戸惑っていました。
「服見ないの?」「うん、今はいらない」「……」
服にこだわりが…ないわけではないですが、服にお金をかけるのは勿体ないというか、服のために働いているわけではないと思うタイプです。ない袖は振れないし。
食事は、自分一人なら、お腹が膨れればいいと思うので…半額シールはばんばん買うし、ちょっと消費期限が過ぎても大丈夫大丈夫!
食費が1か月1万というと、すごいと言われるかもしれませんね。
特に意識をしたわけではなく、結果として1か月1万で収まったという感じなのです。光熱費は水道・ガス・電気込で7000円程度(都内)
友だちには「本当に生活しているの?」とドン引きされました。普通に生活してますよ。
基本自炊で、実家にいた頃と生活はそこまで大きな変化はないのですが…よほど実家がケチだったのかな。ケチ精神を受け継いでしまったんだろうな。ん?それならば妹はいったい…
そんな私がお金を使う分野は何なのかというと、美容サービスと、飲み物です。
自分ができないことにはお金を払います。
髪のカットは美容室にお任せします。基本的に髪の悩みがないので、普通のシャンプーとリンス、アウトバストリートメントがあれば良く、非常に楽ですね。
眉カットもお店にお願いします。こういったものはプロに任せるのが一番だと思っています。
あとはマッサージ。体も楽になるし、癒されるし、いいですね。一時期行き過ぎて、自分でも引くくらいの支出になったことがあります。
飲み物に関しては…
ちょっと自分にご褒美が欲しいなと思う時があって、そんなときにカフェでクリームたっぷりの甘い飲み物を買っちゃうことがあります。
私にとっては服より飲み物、これは確定です。
抹茶ラテとか、100円ショップで買えるようなカテキン粉末があれば家でも作れるんです。それで一時期カフェ断ちをした期間もありました。1か月くらいね。
でも、特別感が全然違うんです。普段お菓子を作らない私は、生クリームなどは家にないのです。カフェに行けばふわっふわのクリームを「多めで」とか注文できちゃうんです。
カフェはね…旅行に行っても同じで、観光地よりも、現地にあるカフェの飲み物の方が楽しい。
ブラックコーヒーなんて、家でお湯を注げば簡単に飲めるのは知っています。けど、このお店の味も知りたいんだ!
その土地特有のとかあったら完全にノックアウトですよね。何、宮崎マンゴーフラペ?ずんだ豆ラテ?KOです。もうだめ。

こうやって見ると本当に面白いですね。何を重要視しているかが、自分の周りにいる人でもこんなに違います。
こういった価値観は近い方が関係がうまく続きそうですね…と言いたいところですが、自分みたいな男性が目の前にいたら、「こいつケチで嫌な奴、やってけない」と思うに違いありません。

一年後には…

夢を叶える人は、きっと自分自身で作った小さなハードルを少しずつ超え、目標地点に到達するのだと思います。
私の夢も、目標をたてた頃に比べたら、なんだかんだでハードルを少しずつ超えてきています。
後は、お金さえあれば…なんだけど(笑)、それが思うようにいかないから進まない。
とりあえず、何もしないよりは何かをしたほうがいいと思うから、ここ2年くらいは、何かを決断するときにあまり悩まずスパっと決めるようにしてきました。
信念を貫いて、ひたすら前に進む感じです。
再来年の今頃は、私のおかれている環境で一つの節目をむかえます。
その時までに、必ず貯めたい金額をクリアするため、今日から改めて意識して頑張っていこうと思います。

諦めない気持ち

私にはずっと目標にしている事があります。
将来の夢…というと、きっと忙しい日常を過ごす中の夢で終わってしまいそうだから、あえて目標という表現をして、少しずつ頑張っています。
独身のうちは、お金の使い方も自分次第だったから、自分への投資も簡単でした。
子どもができると、養育にお金はかかり、当たり前に旦那が働くということが急に困難になったり…。
自負が働いた分を生活費にしないと、普段の生活が間に合わない…。
そんなこんなで、目標にはなかなかたどり着けないでいます。
でも、子どもが頑張っている姿などをみると、親としては何よりの誇りだから、できる限りのサポートをします。
その中で、自分にできる少しの自分の時間を大切に、いつか必ず目標達成できるように頑張っていきたいと思います。