お人形のおうち

おもちゃ屋さんに行ったら、5歳の娘が、
「リカちゃんハウスが欲しい」
と言い出しました。
いや、リカちゃん持ってないから、おうちだけあってもしょうがないでしょ?これ、写真に写ってるけど、お人形はついてないんだよ?
と言ってみても、
「おうちだけ欲しい」
と譲りません。
どうしてもそれがいいと言うので、仕方なく買いました。

家に帰って開けてみると、
「お人形がいない!」
と文句を言い出しました…。
まぁそうなるだろうとは思ってましたけどね…。
結局、何を言われても家にリカちゃんはいないので、アンパンマンを住まわせることで一応納得したようです。

でもやっぱりここにはリカちゃんだよなぁ、と私が思ってしまったので、実家にリカちゃんが残ってないか見に行きました。
探してみたら、ありました!
リカちゃんは1体でしたが、他にジェニーやバービーがたくさんでてきてビックリしました。
綺麗なものだけ持って帰って、アンパンマンと一緒にリカちゃんハウスに住んでます。
今度はお洋服も作ってあげたいなと思います。

気になってしまうけど、見ちゃったものは仕方ないか。

気になる夢を見てしまいました。
誰かと写真を撮ろうという事になり、外に出て撮ったのですが私の横にいないはずの人が居て心霊写真だと思って見てみるとそれは私自身のようでした。
室内に入って心霊写真が撮れてしまったと言って見せようとしたら、その写真が無くて探していると、昨年急死した叔母がいて持っていたのです。
だけどその写真は先ほどのとは違って、白黒で履歴書とかに貼るような私の写真で何となく靄がかかって、良く見ると私自身の遺影が重なっている心霊写真なのです。
そして叔母が、これはもうこの世ではする事は終わってもうないという事を表している写真だから、気を付けて!と言ったのです。
そして場面が変わり、ハーレーに乗った外人10人くらいがバイクでコンクリートの壁を壊して楽しんでいているので危険を感じて逃げる。
また変わり、社会人の娘が行方不明で何故か2歳の設定で、林に行ったと聞き探している場面。
今度は区画整理されている霊園で、先ほどのハーレーの外人が二人正装してお墓参りに来ている。
という何とも言えない夢でした。
ただ、気になるのは叔母の言葉です。
忠告かもしれないので、何か?に気を付けようと思います。

財布の替え時期

今、財布を新調しよう…かな~どうしようかな~と思っているところです。
どこかが破けてきたとか、そういうわけではないのですが、ピンクや白などの明るい色の財布で、白い部分が汚れてきているのが気になっているんです。
考えてみたら、この財布を使い始めて2年半が経っていました。
2万円超えの可愛らしいブランドの財布で、若干予算範囲外だったのですが、とにかく「一目惚れ」だったんです。

それよりも先に、その1個前の財布について書こうかと。
それまでの財布は、二十歳になった翌年の年明けに、いい財布を持とう!と意気込んで百貨店で買った、16000円の財布。
まあまあ安めのブランドですが、どきどきして買いました。
デザインが友達に好評で、自分も使っていて楽しい気分になれていました。
それを使いつづけ、10年。
ふと、急に、「この財布こんなに疲れていたんだ」と思ったんです。
黒なので、手垢とか汚れは目立ちません。
自分の色眼鏡もあり、全然気にせず使っていたのですが、ある日突然その色眼鏡が外れたんですね。
牛革で、まあある意味いい感じに馴染んできたという感じではあるのですが、ちゃんと見ると剥げてきているのも確認できました。
全体的に白がかってきた黒い財布を見て、もう休ませてあげよう。と思ったんですね。

そんなときに出会ったのが、最初に書いた2万円超の、明るい色の財布です。
人に助けてもらえる(らしい)ピンクと、金運アップ(らしい)白、あとは濃いピンクや紫など、暖色系のマーブル3色のデザインが特徴的な財布です。
私がピンクの財布を選ぶなんてこれまでは考えられなかったのに、とにかく惹かれ、他のお店の財布とも見比べたのに、結局戻ってきて、購入しました。
買わないと損する!と思ったんです。
…でも、その財布を、2年半で手放そうとしているのです。
その前の財布が10年なので、私の感覚もかなりずれていると思うのですが、なんだかちょっと惜しい気もするんですよね…。

自分の感覚が信用できないので、ネットで調べちゃいました。財布の使用年数。
大体5年とか、壊れるまで使うとか、風水的に3年とか…
参考になります。私の10年って別に異常じゃなかったようです。
ただ、風水の話になると、ちょっといろいろと気をつけなきゃいけない点が出てくるんですよね…
色とか、形とか…お金の家だから、お金にとって居心地のいい財布とか言いますが、でも、私はこれだけは譲れません。
私は長財布は持たない!!
私は荷物が少ないタイプなので、バッグのほとんどを財布が占めるのは少し困ります。
冬はコートのポケットに財布を入れて手ぶらで買い物に行きますので、長財布だと不便なのです。
二つ折り財布はお金が貯まらない?…貯まらないのは困る、実際貯まってないけど、でも、でも、自分のスタイルが優先だ!お金に振り回されてたまるか!!
…うう…なんか負け惜しみにも聞こえる…
というわけで、風水も気にしつつ、私のスタイルに合った財布を探しに行ってみましょうか…
もしかしたら、もう少し今の財布を使い続けることになるかもしれません。
明るい色の財布を選べば、汚れが目立つのは当然です。そして、その汚れがいい味を出す…ような財布のデザインではないのは確かです。
まあ、もう少し時間をかけて、気に入った財布が見つかったら替えることにします。