財布の替え時期

今、財布を新調しよう…かな~どうしようかな~と思っているところです。
どこかが破けてきたとか、そういうわけではないのですが、ピンクや白などの明るい色の財布で、白い部分が汚れてきているのが気になっているんです。
考えてみたら、この財布を使い始めて2年半が経っていました。
2万円超えの可愛らしいブランドの財布で、若干予算範囲外だったのですが、とにかく「一目惚れ」だったんです。

それよりも先に、その1個前の財布について書こうかと。
それまでの財布は、二十歳になった翌年の年明けに、いい財布を持とう!と意気込んで百貨店で買った、16000円の財布。
まあまあ安めのブランドですが、どきどきして買いました。
デザインが友達に好評で、自分も使っていて楽しい気分になれていました。
それを使いつづけ、10年。
ふと、急に、「この財布こんなに疲れていたんだ」と思ったんです。
黒なので、手垢とか汚れは目立ちません。
自分の色眼鏡もあり、全然気にせず使っていたのですが、ある日突然その色眼鏡が外れたんですね。
牛革で、まあある意味いい感じに馴染んできたという感じではあるのですが、ちゃんと見ると剥げてきているのも確認できました。
全体的に白がかってきた黒い財布を見て、もう休ませてあげよう。と思ったんですね。

そんなときに出会ったのが、最初に書いた2万円超の、明るい色の財布です。
人に助けてもらえる(らしい)ピンクと、金運アップ(らしい)白、あとは濃いピンクや紫など、暖色系のマーブル3色のデザインが特徴的な財布です。
私がピンクの財布を選ぶなんてこれまでは考えられなかったのに、とにかく惹かれ、他のお店の財布とも見比べたのに、結局戻ってきて、購入しました。
買わないと損する!と思ったんです。
…でも、その財布を、2年半で手放そうとしているのです。
その前の財布が10年なので、私の感覚もかなりずれていると思うのですが、なんだかちょっと惜しい気もするんですよね…。

自分の感覚が信用できないので、ネットで調べちゃいました。財布の使用年数。
大体5年とか、壊れるまで使うとか、風水的に3年とか…
参考になります。私の10年って別に異常じゃなかったようです。
ただ、風水の話になると、ちょっといろいろと気をつけなきゃいけない点が出てくるんですよね…
色とか、形とか…お金の家だから、お金にとって居心地のいい財布とか言いますが、でも、私はこれだけは譲れません。
私は長財布は持たない!!
私は荷物が少ないタイプなので、バッグのほとんどを財布が占めるのは少し困ります。
冬はコートのポケットに財布を入れて手ぶらで買い物に行きますので、長財布だと不便なのです。
二つ折り財布はお金が貯まらない?…貯まらないのは困る、実際貯まってないけど、でも、でも、自分のスタイルが優先だ!お金に振り回されてたまるか!!
…うう…なんか負け惜しみにも聞こえる…
というわけで、風水も気にしつつ、私のスタイルに合った財布を探しに行ってみましょうか…
もしかしたら、もう少し今の財布を使い続けることになるかもしれません。
明るい色の財布を選べば、汚れが目立つのは当然です。そして、その汚れがいい味を出す…ような財布のデザインではないのは確かです。
まあ、もう少し時間をかけて、気に入った財布が見つかったら替えることにします。