出掛けるのもちょっと気を使う近頃です

今日はさすがにお昼を作って出かけます。先週から出掛けることが多く、遊んでばかりいるように思われるといけないので、ちょっと家事を頑張ることにしました。今日もお昼前に待ち合わせなので朝から出掛けるのですが、お昼ごはんを作っておきました。もちろん簡単なものですが、これで少しはいいかな。でも今日のはイベントの下見でもあるんですよね。地元の野外に行くだけなので車は使いますが特にお金は掛かりません。お昼はパンを買って食べるのですが、それくらいはいいですよね。昨日は前から行っているセミナーでもうお金を一括で払ってあるからそれもあまりお金は使っていません。交通費は掛かりますが、あと2回なのでなんとか頑張ります。明日は父も日帰りバス旅行に行くので送り迎えのため家に居ようと思います。もちろん日中は買い物に行くかもしれませんが、とりあえず遊びに行くとお金も使うので辞めておきます。ほんとは興味のある楽器の演奏会に行こうかなと思ってたのですが、住まいから遠く最近知り合いが持っているのを知ったので今回は見送ることにしたんですよね。生音は聞きたいけど知り合いが持ってるなら聞ける機会もあるしなぁと思うとつい節約してしまいました。また週末に出かけるのですがそれはお昼からなので大丈夫かな。

音遊びの方がいいけどな、ひとそれぞれです

5時間も唱えるんですか~。最近知り合った方に新興宗教をされている方がいます。特に何か強いられたわけでもないので普通に付き合っていますが、たまにやっぱり世界観が出るというか独特な表現をされるなぁと思います。先日も野外での音遊びに誘ったら、行きたいけどその日は5時間の唱題をしようと思うとのこと。あまりつっこんで細かく説明されても困るので、そうなんだねと言っておきました。たぶん字のごとくなんでしょうね。5時間もその文言を唱えるのって大変だろうなぁ。朝からお昼になるやん~。音遊びの方が楽しそうなのになぁ。その方にとって一番はそのことなのでもちろんいいのですが。最初に予定していた方が来れなくなり、結局音遊びは2人になりそうです。プライベートのやつなので気楽でいいですが。同じ場所でイベントしようと思っているのでその時に来てくれるといいなぁ。まぁ、急にはやっぱりみんな予定がありますよね。イベントになるとお金ももらうことになりますが、そういうのは気にならないようです。きっと人を喜ばせたりすることに対しての報酬なのでいいのでしょうね。世界観が違っても精神的には高い方なのでメッセージもポジティブで話していて明るくなれます。今回は残念だけどまた会いたいなぁ。

こたつマジック☆

この前こたつを出しました。
私はこたつが大好きなので、こたつが出ているだけで幸せを感じます。
こたつの中で寝っ転がって、首だけ出してテレビを見るのが最高に幸せです。
多分、他人が見たらびっくりする格好ですけどね。
そのままうたた寝をして、気が付いたらテレビ放送が終わり
ピーっという音と共にカラーバーが出ていることもしばしば。
でも、友達に聞くとこたつを出すという人はあまりいません。
場所をとるし、一回座るとめんどくさくて動けなくなるからヒーターや
エアコンのみという人が多いです。
確かにこたつの温かさは強力な魔法で、一度入るとなかなか抜け出せませんが
私にとってはこれこそが冬の楽しみです。
今日はミカンを買ってきて、撮りためたドラマをこたつに入って観る予定です。
絶対寝ないぞ!

健康な食事って難しいね

夫の人間ドックの結果があまり良くありませんでした。
血圧は高い、中性脂肪も高い、ウェストも85cmオーバー、りっぱなメタボになっていました。
「これからは健康志向でいくぞ!」と決意した夫。
なので、私も日々の料理を気をつけて協力することにしました。
インターネットで調べてみたら、やはり塩分の摂り過ぎは良くないようで、8gぐらいに抑えるのがいいみたいです。
減塩のメニューが思いつかないので、某サイトで好き嫌いの多い夫でも食べられそうなメニューを探し、調理してみました。
献立は緑黄色野菜と鶏肉のポン酢炒め、昆布と鰹節で出汁をとった野菜たっぷりのお味噌汁、白米。
塩分も3gぐらいに抑えました。
私的には美味しくできたつもり。
なのに、一口食べた夫の感想は「味はするけど薄いし、好みの味付けではない。肉をもっと食べたい」でした。
がっかりです。
世の中の奥様方の言う、頑張ったのに報われないとはこの事なのね。
でも、これでめげてはいられない!
夫の健康の為だ。
夫が「止めた」と言うまでは頑張ります。

家中がいい匂い

滅多に果物は買わないので、頂き物があると狂喜します。
いや果物は買っても、食べきれないかもしくは、悪くなる前に食べきろうとしてきつい思いをするかなので、いっそ買わないことにしています。
が、頂き物は別です、大変に現金なようですが別物です。

先日ご近所さんから、昨年も頂いちゃったのですが、リンゴと洋ナシを頂きました。田舎から送ってくるのだという事で、おすそ分けに預かっています、ありがたいことです。
その、特にリンゴの匂いがもう、家中に漂って甘い香りに包まれているんですね。
外出から戻ってドアを開けた途端、もう甘い匂いで嬉しくなります、実際にとっても甘いリンゴなんです(食べ過ぎ注意)。

普段は果物の匂いなどしない我が家ですので、余計に嬉しく楽しくその香りを満喫しています。

こんなおせちなら食べたい

いままで知らなかったんだけどスイーツのおせちっていうのが近年発売が流行ってるらしいね?
旦那の実家で話題になって初めて知ったよ!
だけどお高いし予約数分が直ぐに完売しちゃうんだって☆
甘いものが大好きな家だから一度でいいから箱に入ってるスイーツを食べたいんだそうです
それを聞いて旦那が凄い一言を発しやがった…

「作るの好きだからお正月に作って持ってこようよ!」
私に作れと言ってきたのです…
確かに時間があって暇だから作れるけどプレッシャーじゃん!?
儀母と儀妹がいいの!?って感じで飛び地いてきちゃったから仕方なくうなづいたんだけどさ
数種類作るのって大変だよ?
楽しそうだけど美味しく食べて欲しいから作るなら早く計画したかった!

借りてきたっ!

小林が可愛すぎてツライっ!12巻読んだ☆
真田先輩が剣道部に入ったよ?!
かっこよすぎるんですけど!萌え死にしてしまいそうだわ…
めご以外の美人に言い寄られても揺るがない一途さがいいです!
やっぱり剛先生の描く男子は真っ直ぐすぎるくらい純粋で可愛らしい♪
現実では絶対いないからなぁ

徳川ちゃんも十と付き合うようになってから可愛さ炸裂♪
本当の天使みたいになっちゃって…
お父さんに無理矢理フィアンセ決められたりして大変だけど2人で乗り越えてほしいわね!

仙台に旅行行って真田先輩とめごの初めての夜!
白い素肌に火照った顔が大人の女を表現してて綺麗!
いつの間にこんなに美しくなったんだろうね♪
私もめごちゃんみたいになりたいわ

ホールインザエッグを作ってみた!

食パンがあったからホールインザエッグを試してみた。
最近横文字ってだけでオシャレな感じがして作っちゃう病なんだよね(笑)
ただくり抜いて卵を落とすだけとお手軽料理だから不器用さんでも簡単に出来るかと思ったんだ!
フライパンでじっくり焼けた卵!
お皿に滑らせて頂きます!という時に悲劇が…

食パンから卵がぽろっと落ちちゃいました…
こんなに悲しい事はないわぁ!
結局別々に食べることになってしまったよ(笑)
それでも美味しいからいいんだけど物悲しいっす?
次やる時はもっと上手にやるぞ!

作ってて思ったんだけどラピュタのシーン思い出しちゃった!
小さい頃によく妹と半分こごっこしたなぁ?
ホールインザエッグはそれの進化系って感じ!?(笑)

重要なのは記事の内容ではない

或るWebのニュース記事が凄く勉強になったので書きます。

私自身、ECサイトのオーナー(2つのサイトを運営中)であり、ブロガーです。日本でブログが流行り始めたのは15年強前の事ですが、その頃から無料のブログサービスを色々と試しながらずっと不定期にブログを書いています。使ったことのない無料ブログサービス無いのではないかという位、一時期は幾つのもブログを同時進行で運営していて、さらにアパレル販売員時代にはそれ等と掛け持ちして店舗独自のブログを立ち上げ本社に交渉してブランド公式サイトにリンクさせ、そのブログに無料のメルマガツールを構え1人で運営していました。そこでやっぱりずっと気になっていたのはアクセス数、そしてアクセスしてくれた方々の滞在時間でした。
ブログ記事をちゃんと読んでくれたのかどうか、それに対し興味を持ったり面白く読んでもらえたのだろうか、書き手としては当然気になるところです。
ところが、先程読んだ或るメディア発信の記事には「文章の内容が重要なのでは無い」と書かれていたのです。正直、目からウロコです。

「読んだ人が何を考えているのかに注目するべき」と、その記事には書いてありました。

当然、何でも屋になってはいけないという意識は初期の頃からありました。自分しか書けない内容を書く事でアクセス数を上げようと考えていました。
ただ、今の考えは当時とは少し違います。アクセス数は当然多い方が良いし励みになるのだけれど、その中からどれだけ良質なアクセスを得られるかというところに意識は向いていました。
例えばECサイトであれば単にTOPページを見てくれるアクセスが重要なのでは無く、その中からお買い物をしてくれるアクセスを如何に増やせるか、というところです。
ところが先程読んだ記事には記事自体の文章の質、内容が濃くてマメ知識になるかという様な事が重要なのでは無いと書かれていたのです。

まずはユーモア系。読んだ人が笑って楽しく読んでくれるかどうかという点です。
これについては初期から努力してきた事ですし、素直に頷けたのですが、続いて重要なのが「誰かの手助けになる」「何かの感情を生む」という所でした。
正直、10年以上ブログを書いてきましたが、読む人の手助けになる様な記事は書けていたのでしょうか。些か疑問です。

私自身が心療カウンセラーの免許を持っていて心理学には精通しており、恋愛心理についての記事を書いた時にはアクセス数は予想を超える数字になりました。調子に乗って第二回、第三回とシリーズ化してブログ投稿を続けたのですが、何故かアクセス数が減っていってしまい、原因が分からず悩んだのを覚えています。
重要なのは文章が美しいとか言い回しが上手い、良い文章だという観点で無く、如何にコンテンツが充実していて、読み手の得たい情報をきちんと提供できるかという点だったのです。

このコンテンツマーケティングの手法については全く知識が無かった為、非常に興味深く、過去にアクセス数を上げるためにSEO対策までしたのに答えが出なかったという事を思い出しました。
オウンドマーケティングという言葉は日本ではまだメジャーでは無いのかも知れませんが、注目されつつあります。
「農耕型」とでも言い換えれば良いのでしょうか。時間をかけて芽が出るのを待つ手法というか、コツコツとコンテンツ(ブログで言えば記事数)を増やし、面白いものとして認知してもらうというWebマーケティングの手法です。
確かに見た目がどんなにスタイリッシュで目を引くページだったとしても、欲しい情報が無かったり、記事が明らかなるSEO記事だったりしたらつまらいのです。
読んでいて感情を揺さぶられたり、書き手がどんな人なのか興味を持つサイトでなければ、常顧客は生まれません。実店舗でも同じ事です。
どんなに内装やらディスプレイを頑張っても、置いてある商品が興味を引くものでは無い、店員も人間として魅力的でないとなると、顧客はつきません。これは、私のアパレル時代の店頭接客の経験から言える事です。
ECサイトでも、実店舗同様に考えていく必要があると、今回読んだ記事は教えてくれました。そこで店員の代わりに接客をするのはキャッチコピーと文章であり、宣材写真であり、問合せがあった時の対応なのだと。
コンテンツの充実、即ちご時世を読んで必要とされている情報を提供する、そこでお役立ち情報なり、ちょっと良い話を提供してみよう。それを、今からやってみよう、と やる気が再燃しました。
HPやブログを運営いている方で、やはり私と同様にアクセス数ばかり気にしている方も多いかと思います。
いかに自分の運営するページがコンテンツとして有益かどうか、見直してみる事をおススメします。
私も今から自分のECサイトの手直しをします。そしてこれから更新していくブログ記事も、読む人の手助けになる読み物、感情に働きかける読み物を書く事を意識して書いていきたいです。
良い記事を読みました。偶然でしたが、久しぶりに私自身が読み手として勉強になる記事を読む事が出来て、なんだか嬉しいです。
やっぱりインターネットって、楽しいですね。これからもずっとブログを書き、Webでの発信が出来る人間で在りたいです。

財布の替え時期

今、財布を新調しよう…かな~どうしようかな~と思っているところです。
どこかが破けてきたとか、そういうわけではないのですが、ピンクや白などの明るい色の財布で、白い部分が汚れてきているのが気になっているんです。
考えてみたら、この財布を使い始めて2年半が経っていました。
2万円超えの可愛らしいブランドの財布で、若干予算範囲外だったのですが、とにかく「一目惚れ」だったんです。

それよりも先に、その1個前の財布について書こうかと。
それまでの財布は、二十歳になった翌年の年明けに、いい財布を持とう!と意気込んで百貨店で買った、16000円の財布。
まあまあ安めのブランドですが、どきどきして買いました。
デザインが友達に好評で、自分も使っていて楽しい気分になれていました。
それを使いつづけ、10年。
ふと、急に、「この財布こんなに疲れていたんだ」と思ったんです。
黒なので、手垢とか汚れは目立ちません。
自分の色眼鏡もあり、全然気にせず使っていたのですが、ある日突然その色眼鏡が外れたんですね。
牛革で、まあある意味いい感じに馴染んできたという感じではあるのですが、ちゃんと見ると剥げてきているのも確認できました。
全体的に白がかってきた黒い財布を見て、もう休ませてあげよう。と思ったんですね。

そんなときに出会ったのが、最初に書いた2万円超の、明るい色の財布です。
人に助けてもらえる(らしい)ピンクと、金運アップ(らしい)白、あとは濃いピンクや紫など、暖色系のマーブル3色のデザインが特徴的な財布です。
私がピンクの財布を選ぶなんてこれまでは考えられなかったのに、とにかく惹かれ、他のお店の財布とも見比べたのに、結局戻ってきて、購入しました。
買わないと損する!と思ったんです。
…でも、その財布を、2年半で手放そうとしているのです。
その前の財布が10年なので、私の感覚もかなりずれていると思うのですが、なんだかちょっと惜しい気もするんですよね…。

自分の感覚が信用できないので、ネットで調べちゃいました。財布の使用年数。
大体5年とか、壊れるまで使うとか、風水的に3年とか…
参考になります。私の10年って別に異常じゃなかったようです。
ただ、風水の話になると、ちょっといろいろと気をつけなきゃいけない点が出てくるんですよね…
色とか、形とか…お金の家だから、お金にとって居心地のいい財布とか言いますが、でも、私はこれだけは譲れません。
私は長財布は持たない!!
私は荷物が少ないタイプなので、バッグのほとんどを財布が占めるのは少し困ります。
冬はコートのポケットに財布を入れて手ぶらで買い物に行きますので、長財布だと不便なのです。
二つ折り財布はお金が貯まらない?…貯まらないのは困る、実際貯まってないけど、でも、でも、自分のスタイルが優先だ!お金に振り回されてたまるか!!
…うう…なんか負け惜しみにも聞こえる…
というわけで、風水も気にしつつ、私のスタイルに合った財布を探しに行ってみましょうか…
もしかしたら、もう少し今の財布を使い続けることになるかもしれません。
明るい色の財布を選べば、汚れが目立つのは当然です。そして、その汚れがいい味を出す…ような財布のデザインではないのは確かです。
まあ、もう少し時間をかけて、気に入った財布が見つかったら替えることにします。